>>お問い合わせ  

ビル街

ビル街と言うのは、カチッとして冷たい空気が流れて、ピリッとしているイメージがあります。オフィス街であれば、なおさら、みんなの服装もきちんとしていて、より引き締まった空気が流れている感じがします。オフィスビルの建ち並ぶその静寂は汚れの無いビルが作り出す無音のメロディのようです。

ある街のオフィス街は早朝も深夜も誰もいません。ビルだけが建ち並び、住宅は一つも無いのです。
シーンと静まりかえったその街は八時ころからちらほらとスーツ姿の人たちが現れて、目を覚ますのです。九時に近づくにつれ、その街は沢山の人が集まってきて、沢山の電気がつき、沢山の電話のベルが鳴り出します。街全体がビル全体が目を覚ますのです。

ビルは沢山の人に管理されて、活かされています。ビルの電気、空調、清掃、沢山のスタッフに見守られて管理されて、ビルはそこにあるのです。ビルが静まり返った夜中でも実は人がいないわけではないのです。常にビルを管理する人がビルの中にいて、ビルを管理しているのです。その管理があってこそ、翌朝、働く人たちを迎え入れる事ができるのです。

沢山あるビルですが管理のされ方は、ビルによって様々です。ビルを持つオーナーの心が違うからです。ビルは管理してくれる人が優秀であれば、いつまでもきれいでいられるし、快適な空間を作り出せるし、使ってくれる人に喜んでもらう事ができます。ビルの管理をしっかりしてもらえないビルは、周りのビルと比べてしくしく泣いているかもしれませんね。

ビルというのは実に沢山の資格がないと管理する事ができません。それくらい沢山のことを管理しなくてはビルは管理できないのです。

ビルの外の窓を拭いてくれるスタッフを見たことありますか。たとえ、安全が守られているとはいえ、危険な仕事です。でもビルの窓をきれいにしてくれるありがたい存在です。ビルのトイレだって、オフィスだって、玄関だって、そんなスタッフがいてこそきれいに保たれているのですよね。使う人一人一人が気に掛けてくれれば、もっといいのだけれど、沢山人の集まるオフィスビルではいろんな人がいます。
そんな沢山の人が集まるビルには管理してくれる人たちが必要不可欠なんですね。

今日もピカピカ光っているビルは、隣のビルと競い合っているかもしれません。みんなが帰って静かになった夜の中、誰が一番素敵なビルか話し込んでるかもしれませんね。そんな枕話にうとうとと。シーンと静まりかえったその街に朝日が差すとまたビルたちは目を覚まして、沢山の人を迎え入れるのです。その街のビルには沢山の人が集まってきて、沢山の電気がつき、沢山の電話のベルが鳴り出すのです。

ビルはみんなを見ています。毎日、毎日通ってくる人たち、ビルを大切に管理してくれる人たちを見守っているのでしょう。

pickup

ネイルサロンのキャンペーン

Last update:2018/5/11

Copyright (C) 2008 いろいろなおうち. All Rights Reserved.