>>お問い合わせ  

雪の中の別荘

8人の女たちという映画を見たことがありますか。
大雪の中、一軒の別荘に8人の女たちが集まります。そこにいた唯一の男性が殺されたことで、その家の中では色々な人間模様が明らかになっていくのです。

猛吹雪で外との接触を遮断された8人の女たちにはそれぞれの思惑があり、隠し事があります。誰もが信用できない雰囲気でもあり、でも一緒に歌ったり踊ったりするのです。立派なお家で、その家の一室に死体があるなんて思わせないような、きれいで素敵な家の中で、汚い人間の心が暴かれていくのです。

悲惨な中でも、なんか落ち着いていられるのは、吹雪の中でもその立派な家でみんなが暖を取っていられたからでしょう。家というのがあるということはそれだけで人を落ち着かせるのではないかと思いました。これがもし、壊れかけたボロヤだったら、なんとも切ない切ない家になっていたでしょう。

おいしいご飯が食べられて、暖かい布団で寝られて、ピアノがあって、本があって。。。人はそんな家に守られているのでしょう。最後はみんながみんな自分勝手で悲しい結末だけど、この雪の中の一軒家は悲しい空気を緩めていたような気がします。

8人の女たちの誰かは殺人犯であるのも関わらず、暖かい家の中で、歌って踊って、ののしりあい、いたわりあったりするのです。これは外であったり、鎖された雪の中の別荘ではなかったら、こんな人間模様は繰り広げられなかったと思います。

recommend

リネンカーテン

Last update:2018/5/11

Copyright (C) 2008 いろいろなおうち. All Rights Reserved.